投稿

【資金調達ガイド】債権流動化とは?ファクタリングだけではない!手法3つを比較

【PR】






















































【PR】
















★チャンネル登録お願いしますm(_ _)m

★資金調達の無料診断できます

売掛金は溜まっているけども、手元に現金が無いので、この売掛金を手早く現金化して事業資金を確保したいというケースは良くあります。

その時まっさきに思いつくのは、債権を売却する事によって資金を確保するファクタリングという資金調達方法です。このような、後にお金にはなるけれども今は塩漬けになっている債権を使ってお金に換える事を「債権流動化」と呼びます。

キャッシュフローを上手く循環させるためにはこの債権流動化が重要ですが、債権流動化の方法はファクタリングだけではありません。本記事では「債権流動化」という観点から利用できる資金調達方法をファクタリング以外にも色々紹介していきます。

続きはこちら⇒

まずは債権流動化とは何なのか?なぜ債権流動化をしなければならないのかについて説明します。現金は会社のありとあらゆるモノに変換されています。例えば工場の設備になっていたり、従業員が事務作業を行うパソコンになっていたり、会社の建物になっていたりという風に現金が設備などになっているので事業を行うことができるのです。

このように会社経営はキャッシュフローを循環させようといいつつも、資金を塩漬けにする事でもあるのです。ただし、キャッシュフローを循環させるためには、塩漬けにする資金は最小限に抑えて、できるだけ手元の現金は増やさなければなりません。

塩漬けになっている現金のうち設備などになっているものに関しては、設備を現金に換えてしまうと事業が継続できないので仕方ありません。塩漬けになっている資金のうち一番初めに現金化しなければならないのは債権なのです。

続きはこちら⇒