投稿

事業者ローン審査激甘

【PR】






















































【PR】
















まず最初に大切なアドバイスになりますが、審査激甘の事業者ローンというのは存在しません。

もしも審査激甘という謳い文句の事業者ローンがあったとしたら、絶対に利用しないで下さい。
そのような業者は法外の手数料を取る悪質業者の可能性が高いからです。

もし貴方が現在、審査に通りやすい事業者ローンをお探しなのであれば、銀行系事業者ローンサービスを利用するのではなく、ノンバンクの事業者ローンをご利用することをおすすめします。

ノンバンクの事業者ローンであれば、審査激甘という訳ではありませんが、銀行系事業者ローンよりも審査に通りやすいというのは事実です。

さらにメリットとしては、お申し込みから融資までが圧倒的に早く進みます。
総量規制対象外ですので大きな金額の融資にも対応しています。

また、ビジネスローンでは、赤字状況でも資金提供を受けることが可能です。
赤字が続いている場合でも、事業の将来性が見込まれれば審査に通過する可能性があります。

ファクタリングについて

ファクタリングは、企業が未収金の債権を売却することで即座に現金を調達する手法です。通常、買い手は手数料を支払い、債権の一定割合を直ちに受け取ります。その後、買い手は債権の回収を行い、回収額から手数料を差し引いた金額を売主に支払います。

資金調達におけるファクタリングの利点

  • 迅速な現金調達:ファクタリングは迅速な現金調達手段として知られています。企業は未収金をすぐに現金化できるため、資金調達の緊急性がある場合に便利です。
  • 信用リスクの軽減:ファクタリングは買い手が債権の回収を担当するため、売主の信用リスクを軽減します。買い手は債務者の支払い能力や信用力を評価し、債権の購入を決定します。
  • 運転資金の改善:未収金を現金化することで、企業の運転資金の改善につながります。これにより、経営資源を有効活用し、業務の継続性を確保することが可能です。
  • 貸倒れリスクの回避:ファクタリングは売掛金の一部をすぐに現金化するため、貸倒れリスクを回避することができます。未収金が回収不能になるリスクを買い手が負うため、売主にとってのリスクが低減されます。

ファクタリングの注意点

一方で、ファクタリングにはいくつかの注意点もあります。たとえば、手数料や割引率が高い場合、資金調達コストが増加する可能性があります。また、買い手が債権回収に失敗した場合には、売主が損失を被るリスクも存在します。そのため、ファクタリングを利用する際には慎重な検討が必要です。

ファクタリングと似た手法

  • リースバック:資産を売却し、その後リースバック契約を結ぶことで資金を調達する方法。
  • アセットファイナンス:企業が自社の資産を担保にして融資を受ける方法。
  • 債権譲渡:企業が未収金を金融機関などに譲渡し、現金を調達する方法。