投稿

事業者ローン審査激甘

【PR】






















































【PR】
















まず最初に大切なアドバイスになりますが、審査激甘の事業者ローンというのは存在しません。

もしも審査激甘という謳い文句の事業者ローンがあったとしたら、絶対に利用しないで下さい。
そのような業者は法外の手数料を取る悪質業者の可能性が高いからです。

もし貴方が現在、審査に通りやすい事業者ローンをお探しなのであれば、銀行系事業者ローンサービスを利用するのではなく、ノンバンクの事業者ローンをご利用することをおすすめします。

ノンバンクの事業者ローンであれば、審査激甘という訳ではありませんが、銀行系事業者ローンよりも審査に通りやすいというのは事実です。

さらにメリットとしては、お申し込みから融資までが圧倒的に早く進みます。
総量規制対象外ですので大きな金額の融資にも対応しています。

また、ビジネスローンでは、赤字状況でも資金提供を受けることが可能です。
赤字が続いている場合でも、事業の将来性が見込まれれば審査に通過する可能性があります。

ファクタリングとは

ファクタリングは、企業が販売した商品やサービスに関連する未回収の請求書(債権)を、第三者(ファクター)に売却することで、現金を獲得する手法です。この手法は、資金繰りの改善やリスクの分散、売掛金の管理効率化など、様々なビジネス上の目的に利用されます。

ファクタリングの仕組み

  • 企業が商品やサービスを提供し、請求書を顧客に送付します。
  • 請求書の支払期日までに顧客から支払いがあれば、企業は通常の方法で売掛金を回収します。
  • 支払いが滞った場合、企業はファクターに未回収の請求書を売却します。
  • ファクターは請求書の額面の一部を即座に企業に支払い、残額を売掛金回収時に支払います。
  • ファクターは請求書の回収を行い、自らの手数料や利息を差し引いた残額を受け取ります。

ファクタリングの種類

  • リソースファクタリング:ファクターが請求書を買い取る際に、企業のクレジットリスクを負う形式。
  • ノンリソースファクタリング:ファクターが請求書を買い取るが、企業のクレジットリスクを負わない形式。
  • 逆ファクタリング:企業がファクターに対して支払いを行い、ファクターが請求書の回収を担当する形式。
  • 国内ファクタリング:国内の取引に関連する請求書を対象とするファクタリング。
  • 輸出ファクタリング:輸出取引に関連する請求書を対象とするファクタリング。

ファクタリングの利点

  • 資金調達の迅速化:請求書を売却することで即座に現金を獲得できる。
  • リスク分散:複数の顧客に請求書が分散されるため、個々の顧客が支払いを遅らせた場合でもリスクが低減される。
  • 売掛金の管理効率化:請求書の回収業務をファクターが代行することで、企業は売掛金管理に関する負担を軽減できる。
  • 信用獲得:ファクターが信用調査や回収業務を行うことで、企業の信用力向上に寄与する場合がある。

ファクタリングの注意点

  • 手数料や利息:ファクタリングには手数料や利息が発生するため、コストを考慮する必要がある。
  • 顧客との関係:ファクタリングが顧客との関係に影響を与える可能性があるため、注意が必要。
  • クレジットリスクの移転:リソースファクタリングでは、企業のクレジットリスクがファクターに移転するため、顧客の信用力を考慮する必要がある。

まとめ

ファクタリングは、企業の資金調達やリスク管理を支援する有効な手法であり、適切な活用によって企業の財務状況や競争力の向上に寄与します。しかし、利用する際には手数料や利息、顧客との関係などの要素を十分に考慮し、ビジネスのニーズに合ったファクタリング形式を選択することが重要です。